忍者ブログ

faewrouofae

男性更年期障害の症状と対策をご紹介します

男性更年期障害の症状と対策をご紹介します。セルフチェックもあるので、男性(特に草食系男子)の皆さんは、ぜひ自己診断をしてみてください。

さて、「更年期障害」と聞くと、一般的には中高年女性の病気に思われがちではないでしょうか?? しかし昨今は、男性の若年性更年期障害(=若者の更年期障害)が増えているんです。

男性の更年期障害は、実は放っておくと危険な怖〜い病気。「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群:late-onset hypogonadism)」という正式名称までついており、重症化すると合併症により命が脅かされる程なんです。

また、巷で話題の「草食系男子(=恋愛・セックス・出世・物欲に興味の無い男性)」は、男性更年期障害と無関係ではありません。

男性更年期障害の症状(セルフチェック)と対策について【草食系男子はヤバイ?!】

男性更年期障害の症状(特徴)

男性更年期障害の症状としては、以下が挙げられます。

軽度な場合は、イライラ、集中力低下、慢性的な疲労感・倦怠感、性欲の減退 など。

中度の場合は、ED(勃起不全)、睡眠障害(不眠、熟睡できない)、不安感、関節・筋肉の痛み など。

重度の場合は、全身から生気が無くなり、何事にもヤル気が起きなくなります。無感動・無気力、鬱(うつ)を発症し、社会的な死を迎えます。

また、骨粗しょう症、貧血、高血圧やメタボ(=内臓脂肪型肥満)も発症し、脳梗塞や心筋梗塞・狭心症のリスクが高まります。

更年期障害の原因

さて、そんな恐ろしい更年期障害の原因は、体内のホルモンバランス異常だと言われています。(これは男女共に当てはまります。)

体内のホルモンバランスが崩れる原因としては、ストレスや食生活・睡眠リズムの乱れ、飲酒・喫煙、筋肉増強剤の乱用 などが挙げられます。

ただし女性の場合、ホルモンバランスが崩れる最大の原因は閉経です。

女性の更年期障害は 閉経の前後数年内に発症することが多く、2年〜最長10年ほどで自然に治まります。

一方 男性の場合、シアリス 通販更年期障害が自然に治るケースはまずありません。

男性が更年期障害を発症してしまうと、生活スタイルを劇的に改善しない限り、症状は悪化を続けます。

これが、女性更年期障害に比べ、男性更年期障害が恐ろしい点です。

テストステロンの減少が男性更年期障害の原因

「更年期障害の原因が、男女問わずホルモンバランスの異常にある」ことについては、上章でご紹介しました。

ここでは、男性更年期障害の原因について、より詳しくご紹介します。

男性更年期障害の主原因は、威哥王男性ホルモンの一種である「テストステロン」の減少だと考えられています。

テストステロンとは、筋肉・血管・骨格を強くし、内臓脂肪の増加を抑え、性的欲求・性機能(勃起、射精)といった働きを司るホルモンです。

また、ヤル気、向上心、闘争心、決断力、活力 などの、生きるモチベーションアップにも大きく作用します。

そのため、テストステロンが不足気味な男性は、恋愛・セックス・出世 などに興味の無い「草食系男子」となってしまうんです。

つまり、草食系男子とは、男性更年期障害の予備軍だと言っても過言ではありません
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R